イノサポとは


イノサポとは・・・

 

イノ=イノベーション

サポ=サポート

 

発想の
イノベーションによって、
環境にやさしく、
人々の役に立つことを

 

弊社((有)伊藤鈑金工作所)は、昭和2年創業、祖父の代からつづく建築板金の会社です。3代目となる私は工場の大規模な改修工事、住宅リフォーム、雨漏り検査など、屋根・外壁から環境にやさしく、人々の暮らしを守ることに30年以上にわたって取り組んでまいりました。

 

建築業に携わるなか日本の森林が荒れていること、その再生には森林を手入れし、その際に発生する間伐材の有効活用がキーポイントになっていることを知りました。

 

そんな頃、同じ板金仲間を通じて国内で産出される間伐材の木屑からできたペレットを燃料としたストーブに出会います。

我が社のある三重県の森林面積は県土の65%です。このペレットストーブは、三重県で作られたペレットを使うことによって地産地消と環境問題に貢献できるメリットがあります。「環境と人にやさしい」をモットーとしてきた私たちにとって、ぴったりな商品でした。

 

また、出張先で偶然出会ったイノリフトは女性や高齢者でも負担なく重い荷物を移動させることができるうえ、免許を必要としない画期的な商品となっています。今まで女性や高齢者ではできなかった重労働を可能にするこのイノリフトもまた、我が社の考える「人にやさしい」商品です。

 

このようにイノサポでは、今まで無駄に捨てられていたもの、不可能とあきらめていたことも発想や機能、使い方を革新(­=イノベーション)することによって、地球環境を守り、人々の喜びにつなげたい・・・そんな思いをサポートしていきます。